心療内科・精神科
東京都中央区
日本橋人形町
1-1-21
人形町ビル3F
03-5614-7087

院長プロフィール


人形町メンタルクリニック院長の写真人形町メンタルクリニックの説明
院長 勝 久 寿(かつ ひさとし)


院長略歴

昭和42年生まれ。平成4年旭川医科大学卒業。同年より北海道大学医学部附属病院麻酔蘇生科および関連する手稲渓仁会病院、札幌厚生病院の手術部、集中治療室に勤務。平成7年に麻酔科標榜医取得。同年より東京慈恵会医科大学精神医学講座に入局し、同大学附属病院および関連する豊後荘病院に勤務。平成10年より同大学附属病院にて高度先進精神医療に従事。平成10年に精神保健指定医取得。平成13年に日本医師会認定産業医取得。平成14年に精神薬理学をテーマに医学博士取得。働く人々のストレスマネジメントを支援したいとの思いから平成16年に人形町メンタルクリニックを開設。ストレスや不安に翻弄されずに目的が達成できるようになることを治療目標として診療にあたり、特に不安症、ストレス関連障害の治療においては「八つの変化」を提唱。平成18年に臨床精神神経薬理学専門医取得。平成16年から平成19年まで、第一生命保険相互会社(現、第一生命保険株式会社)本社、日比谷診療所において、精神衛生担当医として職場のメンタルヘルスに従事。平成20年に精神科専門医取得。平成28年より日本精神科産業医協会・認定会員。現在は、企業の産業医や行政機関の嘱託医の経験を生かして働く方々のメンタルヘルスの向上を目指すとともに、地域の精神保健にも貢献したいと考え、日本橋保健センター精神保健相談医として活動。専門誌への論文、著書は多数(下記参照 )。平成29年3月、自分で簡単に効果的な精神療法をコンセプトとした『「いつもの不安」を解消するためのお守りノート』(永岡書店)を発表。


専門分野

うつ病、パニック障害、社会不安障害、全般性不安障害、強迫性障害
睡眠障害、産業医関連、その他


資格等


所属学会


論文および著書

-院内で御覧になれます-